寒い季節でも自然を眺められる空間がほしいと思い、ガーデンルームの設置を考えました。もともと自然との一体感がある家なので、シンプルでナチュラルな「ココマ」がよくなじんでいます。側面を開けておけば風が通り抜けるし、日暮れにはパネルに木々が映り込むこともあって、いつもとは違う景色が楽しめます。家にいながらまるで別荘で過ごしているような感じです。

1年を通じて北海道の自然を身近に感じていたいと思われたOさま。デッキスペースを有効利用するために「ココマ」を設置しました。まるで森の中にいるような憩いの場となり、リビングからの景観にも奥行きが生まれました。

VOICE

のささやきと暮らす、穏やかな空間。

CASE STUDY

​ 

北海道 Oさま邸

ココマ

​株式会社LIXIL

100いいこと.png
GR愉しみ.png
GR自然浴.png
内と外.png
照明で.png
施工.png

CASE STUDY

​ 

鹿児島県 Iさま邸

ジーマ ルームタイプ

の中でくつろぐ、

もうひとつのリビング。

お住まいとお庭が見事に調和したIさま邸の「ジーマ」。既存のタイル張りの掃き出しスペースとのサイズバランスに気を配って設置することで初めからその場にあったような佇まいを実現。自然な仕上がりにご主人も大満足です。家族の笑い声と光のシャワーを浴びて、身も心も晴れやかな空間に。

 

スタイリッシュなデザイン、多目的に使える空間の広さもさることながら、折戸パネルを閉じた際に隙間ができないことも「ジーマ」を選んだ決め手でした。当初の予想よりも空間が広く感じられたこともうれしい誤算でした。

VOICE

​株式会社LIXIL

節と時の移ろいを愛でる

ガーデンリビング。

CASE STUDY

​ 

茨城県 Sさま邸

ココマ・プラスG

ソファとテーブル、そしてラグが敷かれた「ココマ」の空間は家族が集う居心地のよい場所に。さらに家の側面には「プラスG」で囲まれたもうひとつのガーデンリビングがあります。「ココマ」と「プラスG」が互いに見えない位置にあるため、同じ庭でも個別の用途で使用できる空間になっています。

​株式会社LIXIL

 

最初は「ココマ」だけをつけて家族が憩える場所を作りたいと考えていました。でも「プラスG」をカタログの表紙で見つけて気に入ってつけることに。その結果、イメージしていたガーデンリビングが、より使い勝手の良いものになりました。今では季節を身近に感じながら昼間と夜の移ろいも家族みんなで楽しんでいます。

VOICE

CASE STUDY

​ 

神奈川県 Kさま邸

暖蘭物語

然と触れ合える、

理想のガーデンスタイル。

スペースを有効活用されているKさま邸。家の中では体感できないくつろぎ空間を「暖蘭物語」が創出。ガーデンスペースはパーティーや家族での団らんの場所として使うことで屋外でも屋内でも自然と触れ合いながら気持ちよく過ごせる空間になりました。

VOICE

 

庭の大きさはどうしても限られているのでスペースをうまく使えないかと思い、今回リフォームに踏み切りました。屋外のスペースにはウッドデッキやピザ釜を設け、友人を招いてピザパーティーができるなど、みんなで楽しめる場所にできて満足しています。ガーデンルームには椅子やラグを置いて、ゆったりとくつろぎながら自然を感じられるスペースとして使っています。

​株式会社LIXIL

光をいっぱいに採り込んだ、

使い勝手のよい自由な空間。

CASE STUDY

​ 

東京都 Mさま邸

ココマ

家の中をもっと開放的にしたい、犬を飼いたいという家族の希望を叶えるためリフォームを決意。まわりの視線などがきになり活用されていなかった庭に思いっきり愛犬と遊べる明るく便利な空間が生まれました。

​株式会社LIXIL

VOICE

 

犬を飼うなら自由に遊ばせてあげたいという思いもあり「ココマ」を設置。家族や愛犬にとってお気に入りのスペースとなっています。すりガラス調のパネルを使ったことで周囲を気にすることなく、風を感じながら外の雰囲気が楽しめ、ゆったりとした気持ちになれます。開放的な空間は日中だけでなく、夜もお茶を楽しむなどくつろぎのスペースとして活用しています。

CASE STUDY

​ 

岩手県 Eさま邸

暖蘭物語

犬と遊び、草花に癒される。

開放感あふれるひととき。

ウッドデッキが古くなってきたことと、高齢になってきた愛犬をのんびり遊ばせてあげるために庭のリフォームを決意されたEさま。冬でも日光浴ができる空間が欲しいと「暖蘭物語」を選ばれました。天気の良い日は家の中よりガーデンルームの方が温かいのでワンちゃんたちも集合してお昼寝。休日にはデッキチェアでくつろぎながら読書を楽しむなど家族みんなのお気に入りスペースに。

VOICE

 

ガーデンルームで過ごす時間が増え、毎日の暮らしに潤いが生まれたとご満足いただいています。庭のシンボルツリーや植栽をライトアップしているので暗くなってからの帰宅でもホッと安心できるそうです。ワンちゃんとボール投げやハードルで遊ぶだけの場所ではなく、目の前にあふれる草花で癒される憩いの空間となっています。